自分に自信が持てない…そんなあなたに伝えたい3つのこと

メンタルヘルス

自分に自信がないのが悩み。どうしたら自信が持てるようになるんだろう。

こんなお悩みにお答えします!

本記事の内容
  1. 確実に自分に自信を持てる方法
  2. そもそも自信って必要?
  3. 自信より自己肯定感を大切に

こんにちは!ゆんぴ(@yunpi_812)です。

この記事を読んでくださっている方は、自分に自信がなくて悩んでいる方が多いと思います。

私も昔は自分に自信がなく自己否定ばかりして毎日悩むというわりと地獄のような日々を送っていました。

しかし最近は自信があるとかないとかそういうことであまり悩まなくなってきました。

今日は確実に自信を持てるようになる方法や、そもそも自信は必要なのかということについて書いていきます。

自分に自信が持てずに悩んでいる方の助けになれば幸いです。

それではさっそく本題に入りましょう!

スポンサーリンク

自分に自信が持てるようになる確実な方法

まずはどうしても自分に自信が欲しい方のために、確実に自信を持てるようになる方法を紹介したいと思います。

鬼のような努力

いきなりちょっと厳しいことを言います。
自分に自信を持つための方法は、圧倒的な努力しかないと私は思います。

「私は見た目がブサイクだから異性から好かれないし恋人もできないんだ…自分の見た目に自信が持てたらなあ…」

こんな風に悩んでいるなら、外見を磨く努力をするしかありません。

痩せる、ヘアスタイルを変える、眉毛を整える、化粧を研究する、似合う服を研究する、毎日マッサージする、一生懸命働いてお金をためて整形する。

中途半端な努力じゃなかなか結果は出ないので、とにかく鬼のように努力して結果を出すしかありません。

自信を損なう環境から離れる

環境のせいで自信がゴリゴリ損なわれている場合があります。

例えば、客観的に見て外見が中の上レベルだったとしても、モデルのように外見レベルが上の上の人ばかりがいる環境にいたら自信をなくしてしまいます。

もしくは嫌がらせで「ブス」「君、可愛くないね」などと自分を否定するようなことを言う人がいる環境にいたらゴリゴリ自信は削られていきます。

あなたの自信のなさは環境のせいではないですか?

もしそうならその環境から今すぐに離れることがてっとり早く自信を回復させる方法かもしれません。

そもそも自信は必要なのか

上記で確実に自信を持つための方法を紹介しましたが、そもそも自信って必要でしょうか?

例えば上記の例で言うと、
自分はブサイクだ→だから異性から好かれない→だから外見に自信が持てるようになりたい
という思考です。

しかし誰もが認めるような美人・イケメンになったら、100%異性から好かれて恋人もできて幸せになれるのでしょうか?

違いますよね。どんなに外見が良くてもモテない人はモテません。

誰もが認める美人な芸能人でも不倫されてしまうこともあります。

逆に外見がブサイクな人は一生異性から嫌われて恋人もできず不幸せなまま?

そんなことは絶対にないですよね。

そもそも自信が持ちたいという願望は自分の人生が上手くいってないのは自信がないせいだという思い込みから生まれている場合があります。

以前「幸せでいなければいけない」という思い込みが不幸を生む
という記事を書きました。

今回も同様です。

あなたは「自分に自信がないことはダメなことだ」「自分に自信がなければいけない」という幻想に囚われていませんか?

自信なんかなくてもいい。
自信がなくたって幸せに生きることはできる。

こんな風に私は思っています。

自信よりも大切なのは自己肯定感

私は自信をつけることよりも自己肯定感を持つことが大切だと思っています。

「自信がある」というのは「自分には能力がある!〇〇ができる!だから他の人には負けない!失敗しない!」という精神状態ですね。

自己肯定感があるというのは「〇〇ができてもできなくてもOK。どんな自分でもパーフェクト」というようにありのままの自分を肯定して受け入れ尊重する感覚です。

一種の開き直りかもしれません。

自信のあるなしを重要視してしまうと、自信が持てるようになるまで行動を起こせなかったり、失敗や挫折したときに自分を責めてしまってなかなか立ち直れなくなります。

一方自己肯定感を大切にしていると、例え失敗したり上手く行かないことがあっても「そんな自分でもオッケー☆」と思えるのでダメージが少ないです。

前述したとおり、自信を持つためには鬼のような努力が必要です。
一朝一夕で身につくわけではありません。

その点自己肯定感は今すぐに持つことができます。

そもそも人間は不完全であることが当たり前。

外見にコンプレックスがある、人とコミュニケーションを取るのが苦手、仕事が遅い…
そんな欠点あって当たり前です。

鬼のような努力をして一つ一つ欠点を潰して自信に変えることも素晴らしいと思いますが、自己肯定感を持ち「欠点があってもOK!」と思えるとグッと生きるのが楽になります。

事実私は自己肯定感を持つことを心がけてから「自分に自信がある、ない」ということであまり悩まなくなりました。

自信がないことで悩んでいる方は、ぜひ今すぐ「どんな自分でもOKなんだ」と思ってみてください。

自己肯定感がきっと生き辛さを和らげてくれるはずです。


それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました